カテゴリ:活動報告( 42 )

こまちぷらすさんとSDGs

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


先月にこまちぷらすさんとの取組についてご報告しました。
https://tenimuhoua.exblog.jp/27106333/

今日はその続きを書きたいと思います。

昨年の公開ミーティングから少したって、
先月下旬に別の内容で開催するとのことで参加してきました。
この日は「SDGs×糸紡ぎ」というテーマで、SDGsについてのミニ勉強会と
糸紡ぎを体験してみようという内容でした。

前回の公開ミーティングで、コットンに興味を持ち
実際に糸紡ぎを体験しにいかれたという方がいらっしゃり、
こちらから持っていった綿を使って手紡ぎした糸も持ってきてくださいました。

みなさんの行動力に驚くも、嬉しくなりました。

e0344386_18173279.jpg
e0344386_18173571.jpg
手紡ぎを初めて体験する方がほとんどで、なかなか糸にならずに苦戦します。
実際にやったみると、綿から糸にしていくことの難しさや
これを生地にするまでにどれほどの時間がかかっているのか改めて実感しました。
だから、「モノを大切にする」のだなあと感じます。


昼食会を挟んで、SDGsについてのミニ勉強会。
代表の森さんから、こまちぷらすさんの今後の活動についてのスライドがありました。

e0344386_18173817.jpg

私も少しお話しする時間をいただいておりましたので、
オーガニックコットンとSDGsの関係を簡単ですがご説明しました。
オーガニックコットン(認証を受けたもの)は、
世界の農薬や化学肥料の使用を減少することにつながります。
また、働く人々に適正な賃金が支払われ、人権を尊重した労働が求められるため、
人々の豊かな暮らしにつながります。
オーガニックコットンを使用することは、SDGsのほとんどの項目達成につながることを
簡単にですがお伝えすることができました。
少しでもみなさまの気付きにつながると良いなあ・・・と思います。

e0344386_18174220.jpg
前回参加された方で、
ベビー用のがらがらを作ってらっしゃる、こまこさんという方が、
天衣無縫の残反を使用してがらがらを作ってきてくださいました。

e0344386_18174703.jpg
かわいらしいですよね♪
オーガニックコットンを少しでも使ってみようと思ってくださったそうで
とても嬉しく思いました。
こちらのがらがらは、こまちカフェ haco+(はこプラス)にて販売しています。
https://www.facebook.com/RainbowLife2010/posts/866071440238958


今後も、オーガニックコットンを通して
身近なところからつながりを大切にしていきたいですね。




こまちカフェ haco+(はこプラス)さんのブログでもご報告いただきました。
http://hacocomachiblog.blog.fc2.com/blog-entry-244.html





☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


[PR]
by tenimuhousocial | 2018-03-28 18:19 | 活動報告 | Comments(0)

SDGsってなんのこと?

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫



こんにちは。
寒さが和らぐ日もあり、ようやく春の訪れを感じられるようになりました。
先日、妹と話しながら“じゅうねん餅”の話になり、早速デパートでえごまを購入して作ってみました。
福島にある父の実家の辺りでは、えごまを「じゅうねん」と呼び、
お正月にえごま味噌をつけたお餅(じゅうねん餅)をよく食べます。
えごまを「じゅうねん」と呼ぶのは、えごまを食べると十年長生きするほど体に良いということに由来するよう。
ちなみに、これがえごまの実です。インフルエンザにかからないように免疫を高めたいと思います。

e0344386_13250780.jpg




さて、突然ですが、SDGsをご存知でしょうか。
Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標 を略した言葉で、
2015年9月の国連サミットで採択されました。

e0344386_13273475.png

国連加盟国が2030年までに目標を達成しようと掲げているのですが、
簡単にいうと、世界中の人々が、今の時代もこれからの時代も
生活に困らず人権を侵害されることも無く安心して暮らすことができる社会をつくろう
限られた資源を次の世代に残していく、持続可能な社会をつくろう、そのために目標を定めよう、ということです。
日本も国連の加盟国として、同じ目標を掲げ取り組んでいかなくてはなりませんが、
外務省でもSDGsについてページを設けていました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html
日本政府の取り組み、取り組む企業の紹介などがありますが、
私たち自身が実際に取り組んでいくこととなると、何をしたらいいのかと思ってしまいますね。

昨年、このSDGsの目標を、身近に実現したいと考えているNPO法人の方とお会いする機会がありました。
「NPO法人こまちぷらす」さんは、子どもの誕生が歓迎される社会・子育てで孤立することがない社会の実現を目指して
横浜市戸塚区で事業、事業の提案を行っています。
子連れと行ける「こまちカフェ」の運営や、子育てイベントの情報共有、関連プロジェクトのコーディネートなど、
様々な視点から子育て支援に取り組んでいらっしゃいます。

代表を務める森さんは、孤立した子育てをなくそうと取り組まれる中で、
社会との隔絶を感じる人が増えていると感じ、
自分が社会の一部であると認識できる社会にしていきたいとずっと思ってきたそうです。
そんな中SDGsを知り、事業とのかけ合わせによって
個人と社会とのつながりを実現していきたいと取り組みを始めることにしました。

こまちぷらすで取り組んでいることのひとつに、手作り雑貨マルシェ「haco+」という取り組みがあります。
出店料を支払い、自分の作った手作り雑貨小物を、
こまちカフェ内のレンタル棚スペースで販売することができるというもので
こまちカフェを利用する子育て中のお母さんに人気なのだそうです。
このhaco+を利用して、SDGsを身近にする取り組みができないかと考えていたそうです。

天衣無縫とはたまたまご縁があり、お声掛けいただいたのですが、
オーガニックコットンは国際認証を取得したフェアトレードで、環境保全につながる有機栽培であること
SDGsが掲げる目標のほとんどに関係しており、目標実現につながることをお話しすると、
大変興味を持っていただきました。
まずは、haco+で出店されている作家さんに、オーガニックコットンの余り生地を使用して
雑貨小物を作ってもらったら良いのではないかというお話になりまして、
作家さんを集めた「公開ミーティング」でオーガニックコットンについてご説明する機会をいただきました。
参加された作家さんは、コットンについて全く知らないという方も多く
通常コットンに農薬や化学肥料が大量に使用されていることや、
児童労働や劣悪な労働環境のことなど、衝撃を受けた方もいらっしゃたようでした。
その後、みなさんの感想を共有していただいたのですが、
「日常にすぐ取り入れることは難しいけれど、できるだけ選んでいきたい」という方や
「今まで知らなかったことを知ることができてよかった」という方が多く
私の拙い説明でも、少しでも知っていただけて考えていただけたようで嬉しく思っていました。

代表の森さんのFB投稿です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1699475263407957&set=a.316299275058903.74703.100000364988080&type=3&theater
https://www.facebook.com/yumiko.mori.583/posts/1728662377155912?pnref=story


こまちぷらす
http://comachiplus.org/wp/

長くなりましたので、次回に続きます













☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


[PR]
by tenimuhousocial | 2018-02-27 13:29 | 活動報告 | Comments(0)

名取は今年もはじけています!

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


11月に入りましたが、
10月よりあたたかい日が続いていますね。

先日、東北コットンプロジェクトの名取圃場で
コットンの収穫が行われました!

e0344386_13292848.jpg
比較的温暖な地域で育ちやすいコットンは、東北での栽培が難しいのですが
名取では、毎年様々な工夫をし、
より収穫量を上げる方法を実験されてきました。
一昨年にその大きな成果があらわれ、収穫量を大幅に増やすことに成功しました。

この日の収穫に参加したのは、参加企業やボランティアの方約40名。
名取圃場のある、耕谷アグリサービスの佐々木さんが
収穫方法についてレクチャーしてくださいました。

e0344386_13292970.jpg
今年は8月の長雨で日照時間が短かったため、
コットンの生育が遅れてしまい、この日完全にはじけたコットンは多くなかったですが、
今にもはじけそうな実がたくさんついていました!
これから2月まで収穫作業が続く予定だそうです。

e0344386_13293014.jpg
e0344386_13292973.jpg
時折ポツポツと雨が降る中、2時間もくもくと収穫作業を行いました。
当日の収穫量は130kg!
これからどんどんはじけてくれることを願います。

はじけたかわいいコットンの収穫は大変ながらもとても楽しい時間ですが、
ここに至るまでには、天候への対応や草むしり(草むしりがとても大変です!)など
手の掛かることが様々あります。
特に、コットン栽培担当の佐々木さんは大変ご苦労なさっていると思いますが、
今年もこうして収穫を迎えることができ感謝申し上げます。

東北コットンプロジェクトについてはこちら♪
http://www.tohokucotton.com/

栽培の様子はこちらからご覧いただけます!
http://www.tohokucotton.com/report/

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


[PR]
by tenimuhousocial | 2017-11-08 13:30 | 活動報告 | Comments(0)

Wedding Market@東京ステーションホテル に出店しました♪

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


22日(日)に東京ステーションホテルで開催された
『ウェディングマーケット』に出店しておりました。

当日は台風が近づいているということでしたが、
予想以上に多くのお客様が足をお運びくださいました。

e0344386_11121932.jpg
天衣無縫では、ウェディングの贈りものにぴったりの
タオルやベビーアイテムをご用意して出店していたのですが、
特にスーピマオーガニックコットンを使用した、
“スーピマレジェ”の触り心地をお気に召してくださったお客様が多く、
熱心にお話しを聞いてくださり、貴重な時間でした。
また、ギフトで贈って下さったことがあるお客様が偶然ご来店されるなど、
たくさんのご縁も感じられる嬉しいひとときでした。



出店者も思わずお買いものしたくなる、おしゃれで楽しいマーケット内♪
アットホームな雰囲気で、お客様との会話もはずむ空間でした。

e0344386_11123880.jpg
e0344386_11123483.jpg
e0344386_11122844.jpg


ちなみに、東京ステーションホテルとコラボレーションした
スーピマエンジェルカラータオルは当日も販売しておりました。
天衣無縫とはまた違った、スタイリッシュな雰囲気に仕上がりました。
贈る方、贈られる方、どちらにも喜んでいただけましたら幸いです。

e0344386_11124283.jpg


次回は4月に開催予定だそうですので、
お近くの方はまた次回をお楽しみに。








☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


[PR]
by tenimuhousocial | 2017-10-24 11:15 | 活動報告 | Comments(0)

TEフリートークセッションに参加しました

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫

こんにちは。
春らしい陽気が続き、横浜の桜もようやく咲き始めました。

一昨日は、朝から久しぶりに東横線に乗って、表参道方面へ。
Textile Exchangeの基準担当者である
Asheley Gillさんがアメリカから来日されたということで
関係者が集まりフリートークセッションが行われるということで参加してきました。

Textile Exchangeについてご存じない方も多いかと思いますので
簡単に説明を加えますと…
Textile Exchangeはアメリカに本部を置くNPO/NGO団体で、
オーガニックコットンの普及を目的としてできました。
オーガニック繊維の認証OCSのほかにも、
環境保護を目的としたリサイクルやダウン、ウールの基準も作っています。
天衣無縫では、定番製品や今年の春製品の多くでOCS認証を取得しています。

トークセッションでは関係者それぞれに、認証や審査に関する疑問や改善点が出され
基準の見直しの際に、Gillさんより日本の認証の現状や
問題点、改善点を話してくださるとのことでした。
特に、日本の企業やブランドは認証にかかる費用が高額になりやすいことも
問題点として挙げられました。
基準を作っている国、大きな企業の場合は特にですが、
製織、染色、縫製、加工まで一つの大きな工場で行うことができます。
認証では工場の数もコストに入るため、関わる工場が少ないほど
コストを抑えることができます。
しかし、日本の場合、その各工程をそれぞれ別々の工場で行うことがほとんど。
たとえば一つのタオルが出来上がるまでに、関わる工場の数は5~6工場あり、
かなりのコストをかける必要があります。
日本でオーガニック認証が広まらない理由のひとつに
こういった背景が関係しているかもしれません。
e0344386_15273586.jpg

また、インドの綿花栽培の現状についても話がありました。
現在インドで生産されるコットンの約90%が遺伝子組み換え(GM)で
オーガニックコットンを栽培する畑にも花粉が飛んできてしまったり、
栽培を邪魔されたりとオーガニックコットンの栽培は非常に苦労しているのだそうです。
オーガニックコットンに遺伝子組み換えが混ざっていないか
分析検査などをおこなっているそうですが、
何よりも一番大切なのは、農民の教育だとGillさんは話します。


---------------------

天衣無縫のお客様の中には、GOTSは知っているけれど
OCSは知らないという方もいらっしゃるかと思います。

天衣無縫の一部の定番タオルで取得しているGOTS認証も
オーガニック繊維の認証で、こちらはヨーロッパの基準です。
OCSと比較して、オーガニック繊維の基準以外に社会性の項目が重要視されることが特徴です。
以前、天衣無縫の多くの製品がGOTS認証を取得しておりましたが、
何度か行われた基準の改訂により、
今まで使用が認められていた染料が、認証を受けられなくなってしまいました。
たとえば、洛陽染めや草木染め、べんがら染めなど
日本で古来からある植物や鉱物で染める染色方法の多くが
GOTSでは認められないという内容に改訂されています。
これにより、天衣無縫で長く愛用されてきた定番製品でも
GOTS認証が受けられないという製品が出てきてしまいました。

OCS認証は、オーガニック繊維の普及を第一目的としているので、
オーガニック素材の混率の基準は厳しいですが、使用している染料については厳しくありません。
天衣無縫でGOTS認証が受けられなくなった製品はOCS認証を取得し、
オーガニック認証を取得した製品が少なくならないようにと考えました。
e0344386_15283719.jpg

コットン製品に限った話ではないですが、
日本では『オーガニック』と謳うことについて明確な決まりがありません。
そのため、オーガニック原料をほんのわずかしか使用していなくても
オーガニックと謳えてしまうというのが日本の現状です。
オーガニック原料使用!と謳っているコスメやシャンプーをよく見かけますが
ラベルに表示されている成分を見れば、オーガニックとは言えないような製品がたくさん存在します。
そこで登場するのがオーガニック認証です。
使われているオーガニック原料は、本当にオーガニックなのか判断する材料のひとつになります。
もちろん、オーガニック認証が無くても良い社会になるのが望ましいですが、
オーガニックという考え方が普及するのはなかなか困難なことも多いのが現状です。
天衣無縫では、本当のオーガニック製品を普及することが重要と考え
認証もそのために必要だと考えています。

オーガニックであることが当たり前の世の中になるように
みんなの力で変えていきたいですね。



☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2017-04-06 15:29 | 活動報告 | Comments(0)

東北コットンプロジェクト総会

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫


こんんちは。
久しぶりの更新になってしまいました。
2月はあっという間に過ぎたと思っていたら、
3月ももう半ばですね。

昨日は春分の日ということで、
母が作ったぼたもちを食べて幸せな気持ちです。
あんこ、きなこ、ごま、どれもおいしく季節を感じます。
最近気づきましたが、大人になるにつれてどんどんお豆が好きになってきました。
お砂糖いっぱいの甘いこしあんよりも、
甘さ控えめの粒あんがよりおいしく感じられるようになりました。
ちなみに昨日は甘さ控えめの粒あんでした。



さて、今月は比較的活動的で
都内への外出が頻繁です。

3月2日は、都内で開かれた「東北コットンプロジェクト」の総会に出席しました。
2011年から始まって6年が過ぎ、今年は過去最高の収穫量を記録しました。
全圃場トータルで1トンと、大きく伸ばすことができました。
特に、宮城県名取市の圃場で取れた綿花は、
量ももちろんのこと、繊維長も長く質も良い良質な綿花だったそうで
今後さらに期待がふくらむ話題となりました。
e0344386_17355696.jpg

しかし、プロジェクトとしての課題はまだまだ山積みで、
当初復興支援を目的として始まったプロジェクトでありながら
農家の収益を上げることができていないことが最大の課題です。
今までは収穫量を増やすことを目標に試験を重ねてきた圃場もありますが、
収穫量が増えるほど人手が必要になり、人件費がかさみ赤字になってしまいます。
他にも、収穫祭というイベントメインのものではなく、
あくまでも収穫(農作業)をメインとした収穫イベントを行う意見や、
ボランティアのあり方についても意見が交わされました。
今後問題点をいかに解決していくか、事業を継続していくためにアイディアを出しあわなければなりません。

私たちも、プロジェクト参加企業としてまだまだお客様に広められていないという
もどかしい気持ちやなんとかしたいという気持ちを抱えています。
この活動がより多くの方に届くように、地道な活動であっても続けていきたいと強く思うのでした。



東北コットンプロジェクト
http://www.tohokucotton.com/











☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2017-03-21 17:36 | 活動報告 | Comments(0)

奥出雲オーガニックコットン研修 第4弾 part.2

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫

こんにちは。
今年もあとわずかだとカウントダウンを始める季節となりました。
1年なんてあっという間ですね。

昨日、沖縄の基地問題を取り上げたニュース映像内で、
インタビューされた沖縄の女性が「みんな沖縄のことを本当に考えてくれていない」
と言っていたのがずっと頭から離れずにいます。
クリスマスが近づき、街は一見ウキウキしたムードですが、
社会に目を向けると、今日も世界中で悲惨な事件がたくさん起きていて、
毎日の生活に追われていても、
そういうことから目をそらさずにいたいと思う今日この頃です。



さて、奥出雲研修からだいぶ日が経ってしまいましたが、part.1の続きです♪

奥出雲オーガニックコットン研修 第4弾 part.1 はこちら。

-------------------------------------------

コットン圃場を後にし、
日本神話に登場する、稲田姫を祀る「稲田神社」を参拝しました。
稲田姫に一目ぼれしたスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治するというお話ですね。
e0344386_1952352.jpg

e0344386_1955042.jpg

e0344386_19232321.jpg

稲田姫の「産湯の池」や、
へその緒を切った竹を祀っている「笹の宮」にも連れて行っていただきました。
白山さんのお話を真剣に聴く一同。
e0344386_19221072.jpg

e0344386_19222292.jpg

e0344386_19223424.jpg

e0344386_1923539.jpg



↓続きます

続きを読む♪
[PR]
by tenimuhousocial | 2016-12-14 19:25 | 活動報告 | Comments(0)

奥出雲オーガニックコットン研修 第4弾 part.1

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫

こんにちは。
先週の寒さとは打って変わって、
今日はとても穏やかな気候の横浜です。


奥出雲オーガニックコットン研修も第4弾となりました。
今年は、昨年よりも栽培面積を狭くして1本1本に手間をかけられるようにしたり、
種まきの間隔を狭くするなど工夫を重ねた年でした。
その努力が実を結び、幸い台風などによる被害も抑えることができ、
念願の!圃場での収穫が実現したという嬉しい報告をいただいていました!

ところが・・・
11月9日、出雲の天気は雨!
しかも、予報によると最高気温7度、最低気温2度というとても寒い日。
実はこの日は、旧暦で出雲大社だけ神有月と呼ばれる月で、
全国の神様が一同に出雲大社に集まる日でした。
なんでも、『神様は嵐とともにやってくる』と言われているそうで、まさにその通りのお天気。
ありがたいやら、悲しいやら、とにかくコットンボールがはじけているのかが気になります。

そんな不安を払拭するかのように、
出雲縁結び空港は、神様が集まるありがたい日ということで大変な盛り上がりです。
神様までわざわざお出迎え。
お迎えに来て下さった白山さんご夫妻とパチリ!
神様との記念撮影は初体験。
e0344386_13295448.jpg


続きを読む♪
[PR]
by tenimuhousocial | 2016-11-15 13:41 | 活動報告 | Comments(0)

今年からOCS認証を取得します!

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫

こんにちは。
気付けばもう9月…
しばらく静かだった朝の通勤も、
夏休み明けの子どもたちの声でにぎやかないつもに戻りました。

更新が滞っておりました最近ですが、「OCS認証審査」の出張の日々でした。

OCS認証は、Organic Contents Standard の略で、GOTSと並ぶオーガニック認証プログラムです。
アメリカに本部がある非営利団体、Textile Exchange によって作られたプログラムで、
審査では製品中にどれだけオーガニック原料を使用しているのか、
非オーガニックが混ざらないように管理されているのかという点が重要です。

Textile Exchangeについての投稿はこちら→ 「TE JAPAN DAYに参加してきました♪」

e0344386_14504807.jpg
弊社製品でOCSを取得するのは初めて。
GOTSの審査とほとんど変わりませんが、
GOTSの必須項目である染料や排水の規定、労働環境の規定などがなく、
あくまでもオーガニック原料の入出荷の正確さを求められる審査内容です。
e0344386_14521780.jpg

母体がドイツにあるGOTSは、ヨーロッパの基準で作られているプログラムのため、
日本で使用される染料(特に天然染料を使用したもの)は認証を受けられないという方向になってしまったそうなのです。

「オーガニックコットンを使用しているのだから、認証がなくても良いのではないか」
という考え方もあると思いますが、
認証がなくても「オーガニック」と謳える現在の日本で、
本当にオーガニック原料を使用しているのか判断することはとても難しいです。
天衣無縫では、そこに認証の意味があると考えます。

e0344386_14534930.jpg
オーガニック原料を使用していることを第三者機関で審査してもらうことによって、
お客さまに安心して製品を選んでいただけるからです。

OCSでは、今まで使用してきた洛陽染めやべんがら染めの製品も、
オーガニック認証を取得できるため、今年から少しずつOCS認証製品を増やしていく方向です。


☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫



[PR]
by tenimuhousocial | 2016-09-06 14:55 | 活動報告 | Comments(0)

やってきました、審査の季節

☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫



今年もGOTS認証審査の季節がやってきました。
e0344386_13135212.jpg

GOTSは、グローバル・オーガニック・テキスタイル・スタンダードの略で、
オーガニックコットンの世界基準の認証のひとつです。
天衣無縫の定番、スラブガーゼシリーズ、スーピマエンジェル、四重ガーゼは、
GOTS認証を取得しています。

GOTS認証では、オーガニックコットンであることはもちろん、
入出荷の書類や、保管方法を確認し、オーガニックと非オーガニックが区別してあるか、
細かく審査されます。
また、GOTSの特徴は、製造に関わる企業すべてが、
社会的責任を果たしているか、従業員の雇用条件や労働環境が整っているかまで
審査される点です。
e0344386_13143167.jpg

先月、この認証の年次審査が行われ、
大阪と東京の工場や、弊社の本社なども審査されました。
審査から認証までは約2ヶ月ほどかかりますので、取得後に報告いたします♪
e0344386_1315047.jpg


昨年2015年の年次審査の様子
『GOTS認証審査の旅-1日目-』
『GOTS認証審査の旅-2日目-』
『GOTS認証審査の旅を終えて』




☆☆☆天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら☆☆☆≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2016-08-04 13:00 | 活動報告 | Comments(0)