<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちいさいおうち

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫

こんにちは。
日が長い夏は、夜も少しだけ長いような気持ちになります。

昨晩、なんだか無性にこの絵本が読みたくなって、
本棚から引っ張り出しました。

e0344386_18360408.jpg

『ちいさいおうち』


御存じの方も多いのではないでしょうか?
私も小さい頃から大好きで、
今でも時々読みたくなるのです。

りんごの木や畑に囲まれた、
静かないなかの丘にたつ、ちいさいおうち。
しかし、まわりに工場が建ち、
電車が通るようになると、
ちいさいおうちの幸せだった日々が一変します。

人間の生活に、自然がどれほど大切であるかということが書かれた絵本です。

読み手の知識や関心の有無は関係なく、
多くの人が純粋に共感することばが使われていて、
どんな強いことばにも負けない魅力があります。

有機、オーガニック、自然、共生・・・
そのどれもが、本来私たちにとって
とても身近なことなのだと、
理屈ではなく、感じることができると思います。

興味のある方は
ぜひ本屋さんで手にとってみてくださいね。



天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-27 23:26 | 日々のこと | Comments(0)

NOCオーガニックコットンビジネス基礎講座

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


みなさまこんにちは!
台風が近づく日本列島。
横浜はお昼過ぎに一時的ですが大雨が降りました。
なぜかスニーカーで出勤してしまった私は、
帰宅時に降らないことを祈るばかり・・・

-------------------------------------------------

――― オーガニックコットンを選ぶ意味とは?

昨日、NOC日本オーガニックコットン流通機構主催の
「オーガニックコットンビジネス基礎講座」に参加してきました!

e0344386_1702175.jpg
講師をしてくださったのは、NOC理事長の宮嵜さん。
基礎講座ということで、
植物としてのコットンの特徴から始まり、
オーガニックの概念や製品化に至るまで、などがメインのお話でした。

その中で、
「コットン栽培には、奴隷や貧困の問題が常に絡んでくるのです。」
という宮嵜さんの言葉がとても重くのしかかりました。
綿花農場(インドやアフリカなど)のほとんどは貧困地域です。
劣悪な労働環境も多く、さらには農薬の害により働けなくこともあります。

先月にGOTS認証審査で各工場をお伺いした際、
コントロール・ユニオンの審査員の方が必ず質問していたことがありました。
「労働環境について教えてください。」
「児童労働をさせていないですか?」

農場(工場も)で働く人々の生活や健康を守っていく、
劣悪な労働環境を少しでも良くしていくという考え方が、
上記の質問につながっているのでしょう。

オーガニックコットンを選ぶ理由は人によって様々ですが、
オーガニックコットンを選ぶという行為そのものに、とても大きな意味があるのです。
自己の満足だけでなく、働く人々の視点からものを選ぶ。
そんな考え方がどんどん広がってほしいと思います。



天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-16 17:03 | 活動報告 | Comments(0)

これからもずっと支援の輪を広げて。

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


7月4日から、『イオン』と『天衣無縫』がコラボレーションした、
“東北応援タオルハンカチ”の販売が始まりました。
e0344386_16163089.jpg

全国の大型店舗を中心とした「イオン」330店舗で展開しています。
原料のコットンの一部に宮城県産の“東北コットン”を使用し、愛媛県今治で仕上げました。

2011年の東日本大震災の津波によって、塩害(土の塩分濃度が上がり、農作物の育成が妨げられる)や、
用水路などのインフラ設備が破壊されるなど、一部の農地ではいまだに稲作ができない状況にあります。

コットンは塩害に強く、水施設も不要なので、従来の農業ができなくなった農地にコットンを植え、
農業を再開しようという動きが少しずつ広がっています。

2011年3月11日、多くの方が忘れないと心に誓ったであろうあの日から、
もう4年が経ちました。
信じられない光景を目にし、言葉にできないような悲しみと苦しみを経験した方が
どれほどたくさんいたでしょうか。
しかし、日々の生活に追われ、知らぬ間に薄れていく想いと記憶。
いまだ支援を必要とする地域への関心まで薄れてきているのが現状ではないでしょうか。

東北コットンプロジェクトは、東北に安定的な雇用を生み、
無理なく継続的に農家を応援する仕組みを作ることを目的としています。
商品を買うことが、東北での雇用を生むことにつながります。
今、東北に暮らしている人々を応援することにつながります。

このタオルハンカチが、東北の方々と、東北を応援したいみなさまをつなぐ架け橋になることを願って・・・

※天衣無縫の各店舗、オンラインストアでは販売しておりません。

東北コットンについて知りたい方はこちら。
東北コットンプロジェクト
http://www.tohokucotton.com/


天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-08 16:31 | お知らせ | Comments(0)

奥出雲オーガニックコットン研修③

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


前回の奥出雲オーガニックコットン研修②はこちら

研修2日目

朝一番で、多根自然博物館のホテルからすぐの佐白温泉長者の湯に行きました。
e0344386_11532457.jpg

e0344386_11534755.jpg

6時過ぎ、朝靄がきれいです。

ご厚意で、朝早くから開館していただいた自然博物館。
迫力あるアロサウルスの化石です。
e0344386_13152637.jpg



そして待ちに待った朝ごはん。
e0344386_1154594.jpg

e0344386_11543160.jpg

奥出雲の山々に囲まれて食べる朝ごはんで、一日のエネルギーを補給!


飛行機の時間まで、出雲を堪能しようということで、
稲佐の浜を案内していただきました。
e0344386_11545942.jpg

弁天島です。
かつて稲佐湾の沖にあったそうですが、近年砂浜が広がったそうです。
稲佐の浜は、出雲神話の舞台として、古事記にも登場しています。
e0344386_11551991.jpg



旅の締めくくりは、出雲大社。
e0344386_11553850.jpg

正式な参拝方法を教えていただきました。

鳥居の前で一礼します。
e0344386_11562056.jpg
道の真ん中は神様の通る道。端を歩きます。

手水舎で手と口を清めます。
e0344386_11574250.jpg

お賽銭を投げ入れ、二拝四拍手一拝。
e0344386_1158135.jpg

御本殿。
e0344386_11582084.jpg


日本一大きい大注連縄で有名な、神楽殿の前で記念撮影!
e0344386_11584372.jpg


こうして奥出雲での研修は終わりを迎えました。

朝早くから帰りの時間ぎりぎりまで、
出雲、奥出雲を案内してくださった奥出雲のみなさまに感謝。

実際に生産地に行って、生産者の方々と交流して初めて、
このプロジェクトの大きな意味、この研修の大切さを知った気がしました。
奥出雲オーガニックコットンをもっと多くの方に知っていただきたいと、
本当に強く思った2日間でした。


天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-08 13:23 | 活動報告 | Comments(0)

奥出雲オーガニックコットン研修②

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


前回の奥出雲オーガニックコットン研修①はこちら

コットン圃場で草取りをしたあとは、斐乃上温泉に向かいました!
e0344386_1124454.jpg

※画像は公式サイトからお借りしました。

斐乃上温泉は、日本三大美肌の湯の一つとして有名。
しかし、ここまでで予定の時間を大幅に過ぎていたため、
入浴時間30分、大慌てで美肌の湯につかったのでした。


そしておまちかねの夕ご飯。
プロジェクトの事務局をやっていただいている
白山洋光さん、里香さんご夫妻のお住まい、“田樂荘(だらくそう)”に招かれて、
囲炉裏を囲んでおいしいお食事ありお酒あり、そして生演奏あり(!)の、
とても楽しいひとときを過ごしました。
e0344386_1133154.jpg

e0344386_11382798.jpg

田樂荘という名前は、出雲の方言で『ばか者』という意味の
『だらくそ』からきてるそうです。ユニークですよね。
e0344386_11385721.jpg

e0344386_11391827.jpg

e0344386_11394359.jpg

こうして楽しい夜は更けていきました。

奥出雲オーガニックコットン研修③へ



天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-08 11:40 | 活動報告 | Comments(0)

奥出雲オーガニックコットン研修①

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


『奥出雲オーガニックコットンプロジェクト』はご存知でしょうか?
料理研究家の中村成子さんからのお電話で始まったこのプロジェクトは、
今年でコットン栽培4年目を迎えました。
天衣無縫はこのプロジェクトを通して、農業-工業-商業を直結し、
そこからオーガニックの『輪』を広げていくことが目的であり課題です。

ちなみに、現在展開中の奥出雲オーガニックコットンプロジェクトの製品はこちら。
e0344386_1152146.jpg

絣の糸を間に入れて織り上げた、二重のガーゼ地のタオルです。
※奥出雲オーガニックコットンは、まだ生産量が少ないため、全体の5%ほどの混率です。




実は先週、このプロジェクトの拠点となる、
島根県の奥出雲へオーガニックコットン研修に行ってきました!
本社スタッフ、店舗スタッフ総勢10名での旅となりました。

今回の研修の主な目的は・・・
★奥出雲オーガニックコットンの農場見学、体験
★有機農業の学習・体験
★奥出雲の地域の方々との交流
★天衣無縫スタッフの親睦

さっそく旅の様子をご覧いただきましょう。


研修1日目


羽田に集合。これから向かいます!
e0344386_1181015.jpg

e0344386_1182127.jpg


お昼頃、出雲縁結び空港に到着!
e0344386_1111199.jpg

e0344386_11112137.jpg

空港には奥出雲オーガニックコットンの生産者の皆様が揃って出迎えてくださいました。

そこから車で1時間かけて、奥出雲町へ。
原風景が広がる小さな町。空気がおいしい!

多根自然博物館のホテルにチェックイン。
e0344386_11122346.jpg

e0344386_11124382.jpg

そこから車で30分の集会所で自己紹介をした後、出雲蕎麦をごちそうになりました。
e0344386_1113331.jpg

出雲蕎麦は、製粉のときに甘皮がついた状態で挽くため、見た目は少し黒っぽく、
なにより香り高いのが特徴です。
e0344386_1113374.jpg

それぞれ蕎麦が入った割子という器を3段重ねにした食べ方も、
出雲蕎麦の特有の食べ方なのだそう。
薬味をお好みで入れ、だしをかけていただきます。
1段目で余っただしは、次の段にかけて…というように食べるそうです。

その後、生産者のみなさん一人一人の有機農業の考え方や、
奥出雲オーガニックコットンへの思いを伺いました。
『自分たちが育てた綿が、タオルになったときは本当に感動した』
そう話すみなさんの想いを、多くの方に届けたいと感じた時間でした。


集会所を後にして、プロジェクトメンバーの一人、
渡部悦義さんの仁多米農園を見学。
e0344386_11143616.jpg

e0344386_1115752.jpg


ここも同じく渡部さんのコットン圃場。高いもので20cm程に成長していました。
e0344386_11153120.jpg



またまた車で移動し、今度はプロジェクトメンバー安部修さんのラベンダー畑を見学。
e0344386_11155816.jpg

ラベンダーと安部さん。
とても香りが良く、きれいな薄紫色をしていました。

さらに車で移動し、八川コットン圃場へ。みんなで草取りをしました。
e0344386_11165844.jpg

e0344386_11171780.jpg

圃場前で記念撮影!
e0344386_11173125.jpg


奥出雲オーガニックコットン研修②へつづく


天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-08 11:18 | 活動報告 | Comments(0)

オーガニックマーケティング協議会第1回定例会に参加してきました!

天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫


こんにちは!
雨が降り続く横浜です。

最近我が家では毎朝、
グリーンスムージーを飲む習慣ができました。
e0344386_11333060.jpg

かなり以前から流行っているので
いまさら…という感じですが、
朝から有機の野菜と果物からエネルギーをいただく
という感じがして、なかなかいいものですね♪

-------------------------

さて、昨日は『オーガニックマーケティング協議会』
第1回定例会に参加してまいりました。
e0344386_11313544.jpg

約3時間にわたる会議では、
オーガニックに対する国内の現状、そして課題について、
参加者の熱い意見が飛び交いました。

国内のオーガニックの認知度は低いですが、
潜在的なものは確実に広がっています。
それをどのように顕在化し、
日本のオーガニックマーケットを創り出していくのか…

アジアでは今、その動きがどんどん広がりを見せ、
日本が一番遅れをとっているということでした。

国全体でオーガニックを広める施策を行うことができるといいですが、
消費者の認知度を高めることも同時に大切なことです。

天衣無縫としてできることは、
商品を通してオーガニックに関心を持っていただき、
その背景にあるオーガニックのあり方を考え共有していくこと
にあるのではないかと思います。

その『共有』部分に少しでも役立てることができるよう、
これからの定例会の様子も発信していきます♪


天衣無縫ソーシャル事業部Facebookページはこちら≫≫
[PR]
by tenimuhousocial | 2015-07-01 11:34 | 活動報告 | Comments(0)